海外生活で得た能力とは、、、

未分類

DJ Fourd Nkayです。

今日は海外生活で得た能力について書いていきたいと思います。

このブログはYouTubeチャンネル「Hiphop And The Culture」と連動しているのですが、最近「留学すべき理由!10年住んだアメリカ生活で得た能力3つを紹介!グローバルに生きる」という動画を公開しました。

この動画はシリーズで3部作で考えていて、第一作目がこちらの「アメリカ生活で得た能力3つ」そして、第二作目「アメリカ生活で失った物」、第三作目を「アメリカ生活から帰ってきてその後」という感じの流れで考えています。結構普遍的な感じで作っているので、ロングセラーになる事を祈ってます。(笑)

さて、まず第一部となる「アメリカ生活で得た能力3つ」ですが、結論から言うと

1.危険回避能力

2.問題解決能力

3.未来予測能力

です。この3つ。僕だけでなく周りの友達を見ててもやはり海外に住んでいた人達はこの3つが凄く高いような気がします。もちろん、日本に住んでてもこの3つの能力が優れている人は沢山いますが、一般的に海外に出てる人は人生オフロードを走ってきてこういった総合的なサバイバル能力が養われるのかなと。

あとは後輩、それこそ10代後半や20代前半の子達をみててもやっぱりアメリカで出会った子達は日本で出会った子達より考えが平均的に大人っぽい子が多いです。

日本は他の世界各国と比較してもとても安全な国なので、それ自体はとても良い事なんですがその分平和ボケというか、危機に対して対応したり、回避したりする能力が日本人は平均的に低いと思います。また、僕が日本に住んでる友達に言われるのが「なんでせっかく安全な国に生まれたのにわざわざ危ない国や場所にいくの?」といったような事を言われるんですが、それは外に出たら車にひかれるかも知れないから家から一歩も出ないで一生過ごしますって言っているのと同じだと思います!

外に出ればリスクはあるけど、当然広い世界や楽しい事が待ってるわけで、今よりもっと遠くにいって大きい世界をみたいとそうあるべきなんじゃないかなと思います。勿論全員に強制はしませんが、少なくとも僕はそうです。

そして海外に出て沢山の危険が迫る中それをかいくぐり、生き残る事ができれば自然と問題解決能力も身につきます。問題解決能力は、大きい問題を解決した実績があれば、小さい問題などもはや問題ですらないと感じるようになります。例えていうならば、コンピューターのスペックのような物ですね。

例えば動画編集や音楽編集のできるスペックのコンピューターを使っていれば、写真をいじるぐらいの事はスイスイできる!そんなイメージです。逆に自分のスペック以上の事をやろうとして、パンクして固まってしまう。そういった人もよく見かけます。まずは自分のスペックを高くする事が大前提。

最後に来るのが、未来予測能力。

これは、アメリカは全ての規模が大きく、日本よりも進んでいる事も多いので、アプリや社会システム、テクノロジーや医療など大体先を行っています。今の時代、各分野において「先を行っている国をみる」というのは大事で「このアプリが今後どういう問題に直面するのか?」などもなんとなく解るようになります。

さて、そんな感じでこのブログをここまで読んで興味を持ってくれた方はぜひ動画を見て欲しいです。これからアメリカに行きたい人、今アメリカ在住で帰国を考えている人、アメリカから帰ってきたばかりの人、またアメリカ以外の海外在住者も!もしかしたら共感して頂ける部分も多いんじゃないかと思ってます。

留学すべき理由!10年住んだアメリカ生活で得た能力3つを紹介!グローバルに生きる | HHAC

じゃ、そういうことで。



コメント

Copied title and URL